メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

特別陳列

藩主の心得、書に 長浜・歴史博物館で「雨森芳洲と対馬」 /滋賀

「二行書 附十箇条訓言」=芳洲会蔵

 江戸時代の儒学者、雨森芳洲(1668~1755)と、芳洲が仕えた対馬藩(長崎県対馬市)に関わる資料を紹介する特別陳列「雨森芳洲と対馬」が長浜市公園町の長浜城歴史博物館で開かれている。来年1月14日まで。

 長浜市高月町雨森出身と伝わる芳洲は22歳の時に対馬藩に仕官。藩儒(藩主に仕える儒学者)として、藩主らに「四書五経」などを教授し、生涯にわたって朝鮮との外交にも尽力した。

 特別陳列は、8代藩主・宗義如(そうよしゆき)への進講記録「雨森芳洲藩主進講控」や6代藩主・宗義誠(…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. インドネシア選管「職員119人死亡」 大統領選と総選挙で「過労」
  2. アクセス NGT48・山口真帆さん卒業表明で運営側への批判再燃 識者は「最悪の幕切れ」
  3. 九州新幹線にミッキーデザイン登場 5月17日から半年の期間限定
  4. 韓国警察、「JYJ」ユチョン氏の逮捕状請求へ 麻薬使用容疑で
  5. 埼玉・川口の小学校でクルド人いじめ深刻 支援者「特別視せず平等に対応を」 

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです