メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

研究集会

人権侵害防ぐ ネット上の部落差別許さぬ 教育衰退、デマうのみに 港区 /大阪

「ネットと部落差別」をテーマに、活発な討論が行われたシンポジウム。左から、川口泰司、津田大介、谷口真由美、荻上チキの各氏=大阪市港区波除のHRCビルで、戸田栄撮影

 インターネット上で深刻な問題となっている差別的な投稿について考える「『ネットと部落差別』研究集会」(部落解放・人権研究所主催)が15日、港区波除のHRCビルで開かれた。シンポジウムで、山口県人権啓発センターの川口泰司、ジャーナリストの津田大介、大阪国際大准教授の谷口真由美、評論家の荻上チキの各氏が、どうネット上の人権侵害を防ぐかで意見を交わした。

 川口氏は、差別的なデマや情報の拡散、被差別部落の所在地情報の暴露が特に大きな問題だと指摘。「同和教…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「不明管」で高額の水道料金、兵庫の男性が提訴 各地に存在か
  2. 滋賀・名神高速事故 被害者の身元判明 奈良県の女性会社員ら
  3. 新幹線「N700S」が時速360キロ 東海道で過去最高速度
  4. 滋賀・名神道の多重事故1人死亡 観光バス運転手を逮捕
  5. 新潟の70代男性、特殊詐欺で2450万円被害 所持金尽きるまで電子マネー購入

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです