メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
漆黒を照らす

/72 犠牲絶えぬシリア内戦 「どの家にも戦死者」 /大阪

ISとの戦闘で戦死した息子の棺に泣き崩れる母親。毎週のように犠牲者が出ている=シリア・コバニで2018年10月、玉本英子さん撮影

 私がシリアを初めて訪れたのは今から14年前のことだ。北部のクルド人地域を回った。コバニで出会ったのがアイシェさんだった。夫はクルド政党代表のサレーハ・ムスリム氏。シリア当局に何度も逮捕されていた。彼女はシリアのクルド人の人権状況だけでなく、地元の文化や料理を教えてくれた。私は思い出にとアイシェさんの子供たちに折り鶴を作った。それを笑顔いっぱいで喜んでくれたのが当時小学生のシェルワン君だった。その後、シリアは内戦に陥る。シェルワン君はクルド・人民防衛隊(YPG)に加わり、ヌスラ戦線との戦闘で死んだ。21歳だった。

 内戦は激化の一途をたどり、2014年には急速に台頭した過激派組織「イスラム国」(IS)がコバニに進…

この記事は有料記事です。

残り1006文字(全文1315文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「敵に塩」ならぬ「相手投手に水」 仙台育英・小濃が星稜・荻原に「まだ先が長いんだから」

  2. 「何するんですか」容疑者逮捕に抵抗 あおり運転 逮捕の女も叫び騒然

  3. 青島氏僅差でリード 大野氏が激しく追う 与野党激戦 埼玉知事選情勢

  4. WEB CARTOP 高速道路で走っているパトカーを追い越してはいけないのか?

  5. 犯人蔵匿・隠避容疑で51歳女逮捕 あおり運転 逮捕の男は暴行認める

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです