メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

死をみつめて

より良い生き方を/3 増える香典辞退 親戚の縁、希薄に /和歌山

 葬儀における相互扶助の形として昔から香典という習慣があります。しかし、香典の在り方が今、親戚や友人のつながりを薄くしている側面があることをご存じでしょうか。

 例えば、結婚や出産の際には「ご祝儀」がありますが、祝う気持ちを表すほかに、その人との関係性を再確認する機会という意味合いもあります。家庭で「○○さんの息子さんに赤ちゃんができたんやって」「うちの子どもが産まれた時にはお祝いをもらったよ」などと、相手との関係を継続したり、見直したりするという訳です。

 では、香典の場合はどうでしょうか? ご近所さん、同僚、友人、遠い親戚、親族など、お付き合いの度合い…

この記事は有料記事です。

残り668文字(全文947文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 嵐・松本さん、KAT-TUN亀梨さん炊き出しで被災地激励 千葉・館山

  2. 滝沢秀明社長ら台風被害の千葉でボランティア YOSHIKIは1000万円寄付(スポニチ)

  3. 小山慶一郎 情報番組復帰 10月からTOKYO MX「バラいろダンディ」(スポニチ)

  4. 水川あさみさんと窪田正孝さんが結婚「にぎやかで面白い家庭を」

  5. 「ポイント還元どうしたらいい」高齢者や生活保護受給者が困惑の声 消費増税

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです