メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

中国

改革・開放40年 「党政分離」置き去り

中国歴代指導者と改革・開放

 中国の改革・開放政策が18日で導入から40周年を迎えた。文化大革命(1966~76年)で荒廃した大地に近代化のつち音を響き渡らせた政策は、経済分野では一定の成果を上げたが、政治面では停滞したままだ。米国との貿易戦争という逆風の中で、習近平指導部は改革・開放をどう進めていくのか。

経済特化、強国へ

 「改革・開放は現代中国の運命を決定する選択だ」。北京・中国国家博物館で開催中の改革・開放40周年の記念展では、政策を導入した当時の最高実力者、トウ小平氏以上の扱いで習氏の業績が強調されている。

 約40年間で国内総生産が224倍、国民の可処分所得は152倍--。強調されるのは物質的な豊かさだ。…

この記事は有料記事です。

残り1559文字(全文1854文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 3分でわかる政治の基礎知識 「27億円」秋篠宮さまが公費支出に疑問 大嘗祭の秘儀と費用

  2. 「桜を見る会、20年開催中止」安倍首相が説明の意思 衆参予算委で

  3. 「桜を見る会、気にくわない」安倍首相写るポスター損壊容疑 80歳男逮捕 兵庫

  4. 月夜に浮かぶ「青い池」 幻想的な光景に感嘆 北海道・美瑛

  5. 実は飲食物が予算案の3.5倍だった「桜を見る会」の「国会軽視」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです