メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

火論

走者は水に潜った=玉木研二

 <ka-ron>

 歴史研究の手法である「オーラルヒストリー」は、体験者の口述を丹念に聞き取り、史料からはわからない側面を記録、分析する。

 といえば硬いが、小説家の長谷川伸が「紙碑(しひ)」と呼んだ市井の人々の記録とつながるようだ。立派な石碑に刻まれる偉人ではなく、教科書に居場所なき人々である。長谷川は好んでそれを書いた。

 広島のフリーライター、西本恵(めぐむ)さん(50)が「広島カープの原点」を深掘りしようと10年がか…

この記事は有料記事です。

残り809文字(全文1021文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ビルから鉄パイプが落下 通行人の男性重体 和歌山

  2. 「会社ってごみや」パワハラ自殺男性、両親にメール トヨタ側は当初「責任ない」

  3. 「元の生活に戻れない」特殊詐欺で無罪確定の大学生 勾留10カ月で留年

  4. トヨタ社員がパワハラ自殺 「ばか」と言われ適応障害に 復職後、斜め前に叱責上司

  5. 鉄パイプ 工事現場で落下 歩行者頭に刺さり重体 六本木

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです