メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

質問なるほドリ

税金で介護職員賃上げ? 人手不足解消狙う ベテラン集中配分に懸念=回答・原田啓之

介護現場の新たな賃上げ制度のイメージ

 なるほドリ 介護(かいご)職員の賃金が上がるんだってね。

 記者 来年10月に始まる介護職員の処遇(しょぐう)改善策ですね。政府は同月に消費税率を8%から10%に引き上げ、増収分のうち1000億円を介護職員の賃金引き上げに充(あ)てます。

 Q なぜ税金を使ってまで上げるの?

 A 人手不足が深刻だからです。今年8月の介護関係職の有効求人倍率は3・97倍で、全体の1・63倍を大きく上回ります。仕事が大変なのに月給は平均より約9万円安く、離職率(りしょくりつ)も高いのです。求人難で施設が増えないため、高齢の親を自宅で介護するための「介護離職(りしょく)」が絶えません。政府は2009年度から段階的に賃金改善に取り組んでいます。

この記事は有料記事です。

残り504文字(全文817文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 現場から うがい薬で「コロナに勝てる」、不十分なデータ基に会見 一府民、情報公開請求で解明 活動、ネットで広がる /大阪

  2. 五輪招致疑惑、IOC委員側に3700万円 コンサル口座から

  3. 全国初 レクサスパトカー GT-Rに続き会社役員が栃木県警に寄贈

  4. 「欅坂46」から「櫻坂46」に 新グループ名発表

  5. 現場を見ても想像できない廃炉終了 福島第1原発はいったいどうなっているのか

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです