連載

なるほドリ

ニュースの背景や素朴な疑問を「なるほドリ」が質問。担当記者がQ&Aでわかりやすく答えます。

連載一覧

なるほドリ

税金で介護職員賃上げ? 人手不足解消狙う ベテラン集中配分に懸念=回答・原田啓之

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
介護現場の新たな賃上げ制度のイメージ
介護現場の新たな賃上げ制度のイメージ

 なるほドリ 介護(かいご)職員の賃金が上がるんだってね。

 記者 来年10月に始まる介護職員の処遇(しょぐう)改善策ですね。政府は同月に消費税率を8%から10%に引き上げ、増収分のうち1000億円を介護職員の賃金引き上げに充(あ)てます。

 Q なぜ税金を使ってまで上げるの?

 A 人手不足が深刻だからです。今年8月の介護関係職の有効求人倍率は3・97倍で、全体の1・63倍を大きく上回ります。仕事が大変なのに月給は平均より約9万円安く、離職率(りしょくりつ)も高いのです。求人難で施設が増えないため、高齢の親を自宅で介護するための「介護離職(りしょく)」が絶えません。政府は2009年度から段階的に賃金改善に取り組んでいます。

この記事は有料記事です。

残り504文字(全文817文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集