メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

なるほドリ

税金で介護職員賃上げ? 人手不足解消狙う ベテラン集中配分に懸念=回答・原田啓之

介護現場の新たな賃上げ制度のイメージ

 なるほドリ 介護(かいご)職員の賃金が上がるんだってね。

 記者 来年10月に始まる介護職員の処遇(しょぐう)改善策ですね。政府は同月に消費税率を8%から10%に引き上げ、増収分のうち1000億円を介護職員の賃金引き上げに充(あ)てます。

 Q なぜ税金を使ってまで上げるの?

 A 人手不足が深刻だからです。今年8月の介護関係職の有効求人倍率は3・97倍で、全体の1・63倍を大きく上回ります。仕事が大変なのに月給は平均より約9万円安く、離職率(りしょくりつ)も高いのです。求人難で施設が増えないため、高齢の親を自宅で介護するための「介護離職(りしょく)」が絶えません。政府は2009年度から段階的に賃金改善に取り組んでいます。

この記事は有料記事です。

残り504文字(全文817文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 福島第1原発 2、3号機の格納容器上部で約2~4京ベクレル 原子力規制委調査

  2. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

  3. ファクトチェック 「野党議員は自宅待機 自民党議員は無症状即入院」ツイートは不正確

  4. 群馬・高崎にプロレス覆面専門店 東京からコロナ移住「マスク文化根付かせたい」

  5. 新型コロナ 本当にデタラメなのか 河野太郎行革相が批判したNHKワクチン報道を検証した

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです