メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

蔵書拝見

小沢一郎氏/上 「安土往還記」 信長の「理」に共感

小沢一郎自由党共同代表=山下浩一撮影

 僕が読む本はほとんどが歴史もの。日々の自分の仕事の糧にもなる。自民党幹事長をやったりした50歳前の頃は、夜を明かして読んだりもした。僕が日本史の「3大革命」だと思うのは、天智天皇が断行した大化の改新と律令制への転換、織田信長の中世の大改革、明治維新だ。

 この本は30代で読んだのかな。イタリア・ジェノバ生まれの船員の書簡という形で、西洋の視点から信長を描いている。非常に論理的な文章構成で、他の信長の物語と違う。辻邦生の作品は他にも読んだが、論理的な発想の人だと思った。

 特に共感したのは信長の「理(ことわり)」、理念的な側面を描いたところだ。ものすごく近代的な人だった…

この記事は有料記事です。

残り919文字(全文1205文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大迫のツイッター批判受け、陸連が規定変更を検討 日本選手権後
  2. 池袋暴走 元高級官僚だから? 「なぜ運転手が逮捕されないのか」疑問の声噴出
  3. 現場から逃げた男、熊本県内で身柄確保 鹿児島の中学生襲った容疑者か
  4. 世界の雑記帳 直立したマウンテンゴリラが飼育員の自撮りに納まる、コンゴで
  5. 東京・池袋の暴走 「さん」付け/元院長/匿名… 新聞社、呼称対応分かれ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです