メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

蔵書拝見

小沢一郎氏/上 「安土往還記」 信長の「理」に共感

小沢一郎自由党共同代表=山下浩一撮影

 僕が読む本はほとんどが歴史もの。日々の自分の仕事の糧にもなる。自民党幹事長をやったりした50歳前の頃は、夜を明かして読んだりもした。僕が日本史の「3大革命」だと思うのは、天智天皇が断行した大化の改新と律令制への転換、織田信長の中世の大改革、明治維新だ。

 この本は30代で読んだのかな。イタリア・ジェノバ生まれの船員の書簡という形で、西洋の視点から信長を描いている。非常に論理的な文章構成で、他の信長の物語と違う。辻邦生の作品は他にも読んだが、論理的な発想の人だと思った。

 特に共感したのは信長の「理(ことわり)」、理念的な側面を描いたところだ。ものすごく近代的な人だった…

この記事は有料記事です。

残り919文字(全文1205文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「チケット当選してるんですけど…」戸惑いのツイートも 五輪マラソン札幌検討

  2. テレ朝報道番組「スーパーJチャンネル」でやらせ スーパーの客5人はディレクターの知人、関係者だった

  3. 独り暮らしの母犠牲「悔やみきれない」駆けつけた息子、手縫いの品見つめ 福島・本宮

  4. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  5. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです