メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
「壁」と世界

序章 消えぬ祖国・東独/13 「新世界」に消費の波

インドネシア・バリ島にある山岳地帯で休日を過ごすペーターさん=本人提供

 ベルリンの壁崩壊の1年前に壁を越えて西ドイツにやってきたトルステン・ペーターさん(54)は、ベルリン北部の外国人向け集合住宅で管理人の仕事に就き、統一後、電気会社の暖房技師になった。しかし、西独式の消費社会に染まっていく統一ドイツの姿に、疑問を抱くようになった。誰もが仕事を得ることに懸命で、他人のことを考える余裕がない。そんな社会にへきえきし、「新しい世界を見てみたい。自由を感じたい」と思うようになった。1993年、ペーターさんは生まれ育ったベルリンを去ることを決めた。

 向かった先はインドネシア・バリ島だった。古い価値観が残る世界を見てみたい。そんな思いから選んだ場所…

この記事は有料記事です。

残り525文字(全文813文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ヒグマ駆除に道外中心批判200件 札幌市対応に苦慮

  2. ORICON NEWS ASKA脱退 Chage「とても残念な思い」コメント発表[全文]

  3. 富士山山頂付近で落石 登山中の20代女性死亡

  4. 炎上事故2人死亡 衝突した車運転の男をひき逃げ容疑などで逮捕 栃木・鹿沼

  5. 立花N国党首「3年後、参院議員やめ参院選出馬」 埼玉知事選敗北で

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです