メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

経済観測

米利上げ打ち止め説の登場=国際公共政策研究センター理事長・田中直毅

 今週の米連邦準備制度理事会(FRB)での政策金利の0・25%引き上げは、先週末段階で過半の市場関係者が予想していた。2カ月ほど前には、来年は3度程度の引き上げ実施予想が有力だったが、師走の段階では来年は金利引き上げなし説も出てきた。

 まず誰しもが予想外だったのは11月の原油の20%を超える値下がりだ。これで11月の全米でのガソリン価格は対前月比4・2%下落となった。食品とエネルギーを除いた中核的物価上昇率は、10月も11月も対前年同月比2%強で基調の変化はない。歴史的な雇用情勢の改善のなかで、こうした2%程度の物価上昇率の持続可能性は原油下落でむしろ高まった。過熱…

この記事は有料記事です。

残り429文字(全文715文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 福岡県知事が検査入院 1週間程度、COPDの疑い

  2. 坂本龍一さん、直腸がん公表 手術終え治療中 公式サイトで明らかに

  3. 政府への怒り・いら立ちが書き込みの大半に 一部でマスコミ批判も 毎日新聞世論調査

  4. 河井案里被告に有罪判決、一部無罪 参院選の大規模買収事件 東京地裁

  5. 「短命首相リスト入り?」 菅政権の支持率急落 海外メディアは…

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです