メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

お餅大活用

餅をアレンジ 無限の「変身」、体にも優しく

 <くらしナビ ライフスタイル>

 正月は餅を食べる機会が増えるが、焼いて食べるだけでは飽きてしまう。料理研究家の浜内千波さんに、体に良い組み合わせの簡単アレンジ料理を教えてもらった。

 「焼くだけで食べられる餅だけれど、お正月明けに余ってしまうことも。でも、たいそうなことをするとアレンジがつらくなります」と浜内さん。ちょっと発想を変えると「餅との新しい出合い」が楽しめるという。

 人気上昇中のサバを使った「餅とサバの照り焼き大根おろし添え」は、おかずにぴったりの一品。サバに含まれる血中の中性脂肪を減らす栄養素のエイコサペンタエン酸(EPA)やドコサヘキサエン酸(DHA)は、高温調理で失われやすくなる。かたくり粉を薄くはたき、強火ではなく中火でじっくりと焼くといい。餅同士はくっつかないよう離して焼く。

この記事は有料記事です。

残り1434文字(全文1786文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「赤福」が暴力団代紋入り焼酎を製造 浜田会長が辞任 2000年から12年まで納品

  2. 検事長定年延長、揺れる法務・検察 「どう考えてもおかしいが、触れてはいけない雰囲気だ」

  3. 未明、児相が女児を門前払い 窓口職員「警察に相談を」 神戸

  4. 「中国・武漢で亜硫酸ガスが大量発生 1万4000人の遺体を焼却」という情報は本当か

  5. 東京マラソン 約7億円の参加料はなぜ返せないのか 新型肺炎で一般参加中止

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです