メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

陸上

マラソン日本新・大迫に最優秀賞 日本陸連

 日本陸上競技連盟の年間優秀選手の表彰式「アスレティックス・アワード」が17日、東京都内で開かれた。

 最優秀賞の「アスリート・オブ・ザ・イヤー」は、10月のシカゴ・マラソン男子で2時間5分50秒の日本記録を樹立した大迫傑(ナイキ)が受賞した。大迫はビデオメッセージで「再来年(東京五輪)の切符を手に入…

この記事は有料記事です。

残り130文字(全文280文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 全国初 レクサスパトカー GT-Rに続き会社役員が栃木県警に寄贈

  2. 五輪招致疑惑、IOC委員側に3700万円 コンサル口座から

  3. 山梨のキャンプ場女児不明 両親が新たな写真を公開 

  4. ネグレクト、「親分の子」、そして薬物…高知東生さんが打ち明けた壮絶な生い立ち

  5. 「わー、よかった」明るい娘に“嫌な予感” 「キッズライン」性被害 母が証言

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです