メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

象徴として

第4部 天皇陛下を語る/1 慰霊、揺るがぬ意志 防衛省防衛研究所研究幹事・庄司潤一郎さん

サイパン島の「バンザイ・クリフ」と呼ばれる崖で海に向かって黙礼される天皇、皇后両陛下=サイパン島で2005年6月28日、代表撮影

全戦没者に心寄せ 防衛省防衛研究所研究幹事・庄司潤一郎さん(60)

 天皇陛下は23日、在位中最後となる誕生日を迎え、85歳になられる。即位して30年近く。象徴としてのあり方を皇后さまと追い求めてきた活動は、戦没者の慰霊や災害被災地へのお見舞い、沖縄への強い関心などに代表される。陛下はどういった思いを伝えようとしていたのだろうか。深く関わった人たちに聞いた。【聞き手・高島博之】

 --庄司さんは天皇、皇后両陛下の海外での慰霊前に戦史を説明してきました。最初は戦後60年のサイパン訪問直前の2005年6月15日と22日でした。

この記事は有料記事です。

残り1199文字(全文1461文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ANAホテル「営業の秘密と言った事実はない」 安倍首相答弁を否定

  2. 藤田医科大岡崎医療センター クルーズ船陽性受け入れ 開院前で感染不安なく

  3. 「参加費返して」「やっと当たったのに…」 東京マラソン 一般参加者とりやめ、返金せず

  4. 東京マラソン 一般の参加料は返金せず 国内ランナー1万6200円 来年の出走権付与

  5. 「桜」前夜祭でANAホテルは明細書を発行したのか 首相答弁の「矛盾点」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです