メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

旧優生保護法を問う

「脱腸手術と説明受けた」 新たに男性2人提訴 仙台地裁

提訴後、記者会見に臨む東二郎さん(右)と80代男性=仙台市青葉区で2018年12月17日、遠藤大志撮影

 旧優生保護法(1948~96年)下で不妊手術を強制されたとして、宮城県内に住む70代と80代の男性2人が17日、国に損害賠償を求めて仙台地裁へ提訴した。一連の国家賠償請求訴訟を巡る提訴者は同県内で5人、全国で15人となった。男性2人は提訴後に仙台市内で記者会見し、「何も知らされずに勝手に手術されたことは許せない」と国への憤りをあらわにした。【遠藤大志】

 提訴したのは70代の東二郎さん(仮名)と80代男性。弁護団によると、2人はいずれも10代で不妊手術…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 世界の雑記帳 直立したマウンテンゴリラが飼育員の自撮りに納まる、コンゴで
  2. 池袋暴走 元高級官僚だから? 「なぜ運転手が逮捕されないのか」疑問の声噴出
  3. 結婚できない男 阿部寛主演ドラマが13年ぶり復活! 続編が10月期放送
  4. 東京・池袋の暴走 「さん」付け/元院長/匿名… 新聞社、呼称対応分かれ
  5. 選管職員の死亡者が250人超に インドネシア大統領選

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです