メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

札幌・豊平の爆発事故

スプレー100個、ガス引火か 不動産店「湯沸かし器つけた」

雪の降る中、現場検証を続ける捜査員や消防隊員ら=札幌市豊平区で2018年12月17日午前11時26分、貝塚太一撮影

 札幌市豊平区の飲食店などが入居する木造2階建てビルで16日夜に起きた爆発事故で、1階に入居する不動産店の従業員が「100個以上の除菌消臭スプレー缶のガスを抜いた後、手を洗おうと湯沸かし器をつけたら爆発した」と証言していることが捜査関係者への取材で明らかになった。北海道警は、建物内に充満したガスに引火したとみて詳しい経緯を調べている。

 道警などによると、爆発事故の負傷者は、店内で食事などをしていた1歳から60代の計42人。このほか、周辺のマンションなど28棟と車両24台の窓ガラスが割れるなどした。行方不明者はいない。

この記事は有料記事です。

残り952文字(全文1213文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 医療従事者153人の感染判明 院内感染も発生 医療崩壊の懸念 新型コロナ

  2. 横浜の「コロナファイター」卵 研修医2人感染 3月下旬に連日同期会やカラオケ

  3. 時の在りか 国家でコロナに勝てるか=伊藤智永

  4. 愛知県警でクラスター発生 警察官や親族など計21人感染

  5. ORICON NEWS 本田翼、外出する若者に「がくぜんとした」 新型コロナ感染拡大防止に訴え

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです