メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

20年東京五輪

聖火どこへ 競技期間中、一つは有明

大会期間中に聖火台を設置予定の夢の大橋(有明側周辺)

 2020年東京五輪で2カ所に設置する聖火台の一つについて、大会期間中に臨海部の有明エリアとお台場エリアをつなぐ遊歩道「夢の大橋」の有明側周辺(東京都江東区有明3付近)に設置する方針が17日、固まった。メイン会場の新国立競技場にも開閉会式で使用する聖火台を設けるが、陸上などの競技期間中は常設が難しく…

この記事は有料記事です。

残り176文字(全文326文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 全国の小中高校を休校 新型肺炎で首相要請 3月2日から春休みまで

  2. 「共働きなのにパニックだ」 突然の一斉休校、保護者ら衝撃 収入は、子の安全は…

  3. IOCパウンド委員 東京オリンピック「1年延期」に言及 新型肺炎

  4. 「社会が崩壊しかねない」 熊谷・千葉市長がツイート 小中高休校要請巡り

  5. 部活は?受験は?卒業式は? 子供も保護者も、不安の“つぶやき” 首相休校要請

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです