メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

象徴として

第4部 天皇陛下を語る/1 慰霊 戦争の歴史、忘れぬ 防衛省防衛研究所研究幹事・庄司潤一郎さん(60)

 天皇陛下は23日、在位中最後となる誕生日を迎え、85歳になられる。即位して30年近く。象徴としてのあり方を皇后さまと追い求めてきた活動は、戦没者の慰霊や災害被災地へのお見舞い、沖縄への強い関心などに代表される。陛下はどういった思いを伝えようとしていたのだろうか。深く関わった人たちに聞いた。

 --庄司さんは天皇、皇后両陛下の海外での慰霊前に戦史を説明してきました。最初は戦後60年のサイパン訪問直前の2005年6月15日と22日でした。

 ◆お住まいの御所の応接室でテーブルを挟んで、日本による統治の経緯や戦闘状況を話しました。多くのご質…

この記事は有料記事です。

残り1156文字(全文1425文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「児童が危険と…」 小学校前の通学路に白色スプレーで“停止線” 福岡の校長を書類送検
  2. 台湾東岸・花蓮でM6.1地震 震源の深さ18キロ
  3. 大阪・御堂筋で事故 軽ワゴン車横転、歩道に乗り上げ 繁華街が一時騒然
  4. もとをたどれば リクシルグループ 「住」と「生活」豊かさ願い
  5. 直前「胸騒ぎ」で井戸 命つなぐ 神戸の92歳、二つの大地震の経験生かす

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです