メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

象徴として

第4部 天皇陛下を語る/1 慰霊 戦争の歴史、忘れぬ 防衛省防衛研究所研究幹事・庄司潤一郎さん(60)

 天皇陛下は23日、在位中最後となる誕生日を迎え、85歳になられる。即位して30年近く。象徴としてのあり方を皇后さまと追い求めてきた活動は、戦没者の慰霊や災害被災地へのお見舞い、沖縄への強い関心などに代表される。陛下はどういった思いを伝えようとしていたのだろうか。深く関わった人たちに聞いた。

 --庄司さんは天皇、皇后両陛下の海外での慰霊前に戦史を説明してきました。最初は戦後60年のサイパン訪問直前の2005年6月15日と22日でした。

 ◆お住まいの御所の応接室でテーブルを挟んで、日本による統治の経緯や戦闘状況を話しました。多くのご質…

この記事は有料記事です。

残り1156文字(全文1425文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 車のトランクに男性閉じ込め、監禁容疑で少年ら7人逮捕 男性は死亡 滋賀県警

  2. 平成の事件ジャーナリズム史 (2)綾瀬女子高生コンクリート詰め殺人事件 メディアと被害者との溝、一挙に可視化

  3. モロッコ人の30歳女、結婚拒否され恋人殺害 その肉で伝統料理ふるまう UAE

  4. キャバクラ暴行死 10代母、なぜこんな目に 全公判傍聴

  5. ORICON NEWS 15歳美少女4人組「@ onefive」“正体”判明 顔見せビジュアル&MV一斉公開

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです