メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大阪北部地震、みなし仮設利用低調 ニーズ見極め難しく

被災した高槻市営富寿栄団地=大阪府高槻市で2018年7月5日、猪飼健史撮影

 最大震度6弱を観測した大阪北部地震で、公営や民間の賃貸住宅を借り上げて被災者に無償で貸し出す「みなし仮設住宅」を利用した大阪府内の被災者が高槻、茨木、枚方3市の計82世帯にとどまることが、府や自治体への取材で分かった。府内では5万棟以上の住宅被害の99%超が一部損壊で、自宅にとどまる被災者が多かったとみられる。広域災害で被災者のニーズを見極めて行う公的支援の難しさが改めて浮かんだ。

 府は6月18日の地震発生を受けて、同26日にみなし仮設を提供する方針を表明。府営や都市再生機構(U…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 定員割れ神戸・楠高 重度脳性まひ男性が2年連続不合格
  2. 中2男子、校内で同級生の頭を刺す 容体不明 殺人未遂で逮捕 愛媛
  3. 「麻生氏に八木山峠は越えさせない」 福岡知事選、気勢上げる自民造反組
  4. 原料に金属か、ロッテとブルボン菓子回収 宇部興産設備で破損、影響拡大
  5. 辺野古 玉城知事の「上告取り下げ」県政与党は寝耳に水 首相に辺野古「譲歩カード」 /沖縄

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです