メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大阪北部地震、みなし仮設利用低調 ニーズ見極め難しく

被災した高槻市営富寿栄団地=大阪府高槻市で2018年7月5日、猪飼健史撮影

 最大震度6弱を観測した大阪北部地震で、公営や民間の賃貸住宅を借り上げて被災者に無償で貸し出す「みなし仮設住宅」を利用した大阪府内の被災者が高槻、茨木、枚方3市の計82世帯にとどまることが、府や自治体への取材で分かった。府内では5万棟以上の住宅被害の99%超が一部損壊で、自宅にとどまる被災者が多かったとみられる。広域災害で被災者のニーズを見極めて行う公的支援の難しさが改めて浮かんだ。

 府は6月18日の地震発生を受けて、同26日にみなし仮設を提供する方針を表明。府営や都市再生機構(U…

この記事は有料記事です。

残り458文字(全文701文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 山梨のキャンプ場で不明の美咲さん 両親が新たに写真と動画を公開

  2. 「気持ち抑えきれず」TDLで中学男子生徒にキス、女性教諭を懲戒免職 千葉県教委

  3. 気象庁、台風19号を命名へ 42年ぶり

  4. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  5. 台風19号 「公邸待機」の安倍首相批判を問う

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです