メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「温泉」を無形文化遺産に 群馬に登録目指す協議会発足

協議会の発足式で、「温泉文化」のユネスコ無形文化遺産登録に向けて気勢をあげる群馬県内各温泉地のマスコットキャラクターや発起人たち=前橋市で、2018年12月17日午後2時、杉直樹撮影

 温泉にまつわる伝統や産業を「温泉文化」と名づけ、国連教育科学文化機関(ユネスコ)の「無形文化遺産」登録を目指す協議会が群馬県で発足した。県内だけでなく、全国の温泉地にも呼びかける。

 草津温泉をはじめ、伊香保、万座、みなかみ、四万など名湯が多い群馬県。地域経済の振興に弾みをつけようと、県内の温泉・旅…

この記事は有料記事です。

残り125文字(全文275文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 小学校でクラスター発生か クラスメート5人感染 北九州・新型コロナ「第2波」

  2. 「ウイルスある程度まん延」専門家が読む北九州の現状 他都市も再燃警戒

  3. まさにアリの一穴…「ツイッター世論」は、なぜ、安倍政権を動かせたのか

  4. 「警官に押さえ込まれけが」 渋谷署前で200人が抗議デモ クルド人訴えに共鳴

  5. アベノマスク8億円検品、穴だらけ 不良発覚後の契約、消えた瑕疵担保責任…

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです