不幸中の幸い 「偶然」重なり…死者なしの「なぜ」 札幌爆発事故

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
爆発した建物。写真左手前の不動産店は跡形もなく、中央の居酒屋も爆発と火災で大きく損壊した=札幌市豊平区で2018年12月16日午後10時37分、貝塚太一撮影
爆発した建物。写真左手前の不動産店は跡形もなく、中央の居酒屋も爆発と火災で大きく損壊した=札幌市豊平区で2018年12月16日午後10時37分、貝塚太一撮影

 札幌市豊平区の飲食店などが入居する2階建て建物で16日夜に起きた爆発事故で、当時建物内に40人以上がおり、爆発現場とみられる不動産店が跡形もなく大破したにもかかわらず、犠牲者は出なかった。避難者の証言や専門家の分析では、爆発から本格的な炎上まで10分程度の時間がかかったことに加え、壁が壊れ、床も抜けたため、火勢が増すまでの間、脱出できる偶然が重なったとみられる。

 木造2階建ての「酒井ビル」は壁で隔てられた3店が連なる構造。当時、南側の不動産店に2人、中央の居酒屋「海さくら平岸店」に40人以上がおり、ほぼ満席だった。

この記事は有料記事です。

残り492文字(全文753文字)

あわせて読みたい

注目の特集