メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

店長と従業員、スプレー缶の可燃性を認識せず 爆発は廃棄の120本 札幌

記者会見で謝罪するアパマンショップリーシング北海道の佐藤大生社長=札幌市北区で2018年12月18日午後5時53分、貝塚太一撮影

 札幌市豊平区で16日夜、42人が重軽傷を負った爆発事故で、発生元とされる不動産店を運営する「アパマンショップリーシング北海道」の佐藤大生社長は18日、記者会見し、2日後の店の改装に備え、未使用の消臭スプレー缶約120本を店内で一斉噴射させ、廃棄していたと説明した。作業した店長(33)と従業員は可燃性を認識していなかったという。

 一方、佐藤氏は店長が、顧客複数から料金を受け取りながら、入居時の消臭工事をしていなかったと話していることも明らかにした。契約通り工事をせず、使用実績を偽るため、未使用缶を大量廃棄した可能性もあり、北海道内全13店を実態調査する方針を示した。

この記事は有料記事です。

残り525文字(全文811文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 雪まつりスタッフも感染 北海道5例目、「市中感染」する段階に 新型肺炎

  2. 中江滋樹さん、アパート火災で死亡か 「兜町の風雲児」元投資ジャーナル会長

  3. ORICON NEWS 元テレ朝・竹内由恵アナ 静岡在住のまま復帰へ「家庭も大事にしながら」

  4. 政府批判の神戸大教授が動画削除 「助言」の医師がFBで事実誤認を指摘

  5. 立憲・辻元氏に脅迫文「殺してやる」 党本部に届く 警視庁に被害届

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです