メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

現場上空

西村一幸の飛行記録(12) 2016年新潟・糸魚川大火

火災が発生し次々と延焼していく市街地=新潟県糸魚川市で2016年12月22日午後、本社ヘリから宮間俊樹撮影

 空気の流れである「風」。そよ風はさわやかさを運ぶが、その風が強くなれば人間の脅威ともなり得る。2016年12月22日、街はクリスマスムードに包まれた時だった。西村も翌年、定年を控えており、そろそろ「第二の人生」を考え始めた頃だった。

 その日の午前、新潟県糸魚川市の市街地で火災が発生した。西村は正午のニュースで、その火災を知った。火災は通常1時間もあれば、火の勢いは弱まるが、それどころか強風で燃え広がっているという。

この記事は有料記事です。

残り2306文字(全文2516文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 鼻出しマスクで失格の40代受験生、トイレにこもり警察出動 注意されせき込む仕草も

  2. 日産、全契約社員を正社員に 国内拠点の事務職800人弱 4月から

  3. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  4. 変異株の感染確認、なぜ静岡で 英国滞在歴なし 厚労省クラスター班調査へ

  5. 「菅語」を考える 緊急事態なのに「あいさつ」 響かない首相会見 青木理さんが考えたメディアの責任

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです