メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

現場上空

西村一幸の飛行記録(12) 2016年新潟・糸魚川大火

火災が発生し次々と延焼していく市街地=新潟県糸魚川市で2016年12月22日午後、本社ヘリから宮間俊樹撮影

 空気の流れである「風」。そよ風はさわやかさを運ぶが、その風が強くなれば人間の脅威ともなり得る。2016年12月22日、街はクリスマスムードに包まれた時だった。西村も翌年、定年を控えており、そろそろ「第二の人生」を考え始めた頃だった。

 その日の午前、新潟県糸魚川市の市街地で火災が発生した。西村は正午のニュースで、その火災を知った。火災は通常1時間もあれば、火の勢いは弱まるが、それどころか強風で燃え広がっているという。

この記事は有料記事です。

残り2306文字(全文2516文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ネグレクト、「親分の子」、そして薬物…高知東生さんが打ち明けた壮絶な生い立ち

  2. 松尾貴史のちょっと違和感 「菅内閣」発足 権限かさに脅す手法、早くも

  3. プロレス元王者・中西学さん 人生第2ラウンドは家業の茶農家 「魅力、世界へ」

  4. イナズマロックフェス「来年は烏丸半島で」 トリは西川貴教さん 滋賀県庁で熱唱

  5. 匿名の刃~SNS暴力考 開示請求で突き止めた中傷投稿の主は…「怒りより恐怖」勝訴にも癒えぬ傷

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです