メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

現場上空

西村一幸の飛行記録(12) 2016年新潟・糸魚川大火

火災が発生し次々と延焼していく市街地=新潟県糸魚川市で2016年12月22日午後、本社ヘリから宮間俊樹撮影

 空気の流れである「風」。そよ風はさわやかさを運ぶが、その風が強くなれば人間の脅威ともなり得る。2016年12月22日、街はクリスマスムードに包まれた時だった。西村も翌年、定年を控えており、そろそろ「第二の人生」を考え始めた頃だった。

 その日の午前、新潟県糸魚川市の市街地で火災が発生した。西村は正午のニュースで、その火災を知った。火災は通常1時間もあれば、火の勢いは弱まるが、それどころか強風で燃え広がっているという。

この記事は有料記事です。

残り2306文字(全文2516文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. はやぶさ2、リュウグウ着陸成功 データ確認で管制室に歓声
  2. はやぶさ2試料採取の意義とは 新たな太陽系のなぞを探る「0.1グラム」
  3. ボクシング 福岡連盟、山根氏一声で除名解除 「女性に暴力」処分監督
  4. はやぶさ2 「着陸成功に自信」 難敵リュウグウ「攻略法」はどう編み出したのか
  5. はやぶさ2 まもなく着陸「探査機すべて問題なし」JAXA最終判断

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです