メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

SUNDAY LIBRARY

白河 桃子・評『働く女子と罪悪感 』『赤ちゃん本部長』

◆『働く女子と罪悪感 「こうあるべき」から離れたら、もっと仕事は楽しくなる 』浜田敬子・著(集英社/税別1300円)

◆『赤ちゃん本部長(2)』竹内佐千子・著(講談社/税別700円)

 ジェンダーイコール(男女共同参画)というテーマに挑む「ジェンダーとコミュニケーション会議」に行ってみた。電通、博報堂、NHKなど、男性中心といわれるメディア業界が集って「ジェンダー」をテーマに話す日本初の場だ。

 女性誌『VERY』編集長の今尾朝子さんが、同誌に「『きちんと家のことをやるなら働いてもいいよ』と将来息子がパートナーに言わないために今からできること」という記事があると話した。セレブママ雑誌で時代を作った『VERY』も、今や働くママ読者が半数を占めるのだ。登壇者たちは、異口同音に、賛否を恐れずさまざまな「こうあるべき」に大胆に立ち向かおうと話した。そのほうが「企業イメージがあがる」「売上げがあが…

この記事は有料記事です。

残り1100文字(全文1496文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. アップルがアプリストアから「フォートナイト」削除 手数料巡り「バトル」激化

  2. 犬の散歩中、男性はねられ死亡 運転の大学生「LINE来たのでスマホを」

  3. まさかの「車道」でも 沖縄、あまりにも多い「路上寝」 年7000件超、死亡事故も

  4. 「高熱でも宿泊拒否できない」旅館業法 GoToは大丈夫か ホテル苦慮

  5. 東京・足立の住宅に500人分の人骨 標本業者が放置か

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです