SUNDAY LIBRARY

武田 砂鉄・評『プロ野球バカ本』長谷川晶一・著

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

「バカ」は「愛」と同義 素直さに心が洗われる

◆『プロ野球バカ本 まったく役に立たないブックレビュー!』長谷川晶一・著(朝日新聞出版/税別1800円)

 あらゆる人気スポーツ選手が、『〇〇力』などのタイトルで本を出す。そこでは、自分の信条があたかも一般的なビジネスの現場で通用するかのように語られる。スポーツの現場で起きていることは実生活にも応用できる、と信じ込む風潮に、もっと疑いを持ったほうがいいと思う。

 野球選手やその妻などが出した書籍の中から「どうしようもなくつまらないもの」や「尊敬すべきバカバカしい本」などを選(え)りすぐって論じた本は、スポーツ選手にいい感じのメソッドを語ってもらおうとする、昨今の風潮を忘れさせてくれる。

この記事は有料記事です。

残り633文字(全文949文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集