メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

プレスリリース

血管新生に関わる新規開発候補薬として、疾患の治療効果や予防効果に期待(共同通信PRワイヤー)

情報提供:共同通信PRワイヤー

プレスリリースページの情報について

2018年12月18日

ウシオ電機株式会社、北里大学、株式会社プロトセラ

血管新生関連疾患の標的となるサリューシン-β受容体の発見

【研究の概要】

北里大学とウシオ電機子会社であるプロトセラのグループは共同で、プロトセラが特許を保有する新しい膜タンパク質ライブラリ(MPL)技術によって、血圧降下作用、除脈作用、副交感神経刺激活性、動脈硬化促進作用、抗利尿ホルモン分泌刺激作用等の多くの生理活性を示すサリューシン-βの受容体がATP合成酵素β鎖であることを明らかにしました。

ATP合成酵素β鎖誘導体やATP合成酵素β鎖に対する特異的結合物質を有効成分とする製品は、多種類のがんや、心筋梗塞、慢性炎症、網膜血管新生症、糖尿病性網膜症又は閉塞性動脈硬化症などに対して、これまでのリガンド側の作用機序とは異なる受容体側の血管新生に関わる新規開発候補薬として疾患の治療効果や予防効果が期待されます。

なお、本研究成果は日本時間2018年12月14日Scientific Reports 誌のオンライン版で発表されました。

【論文名】
Identification of the salusin-β receptor using proteoliposomes embedded with endogenous membrane
proteins  [日本語:内在性膜タンパク包埋プロテオリポソームを利用したサリューシン-β受容体の同定]

【掲載雑誌】
Scientific Reports [ 2018年12月14日(金)オンライン掲載 ]
参考URL: https://www.nature.com/articles/s41598-018-35740-6


情報提供:共同通信PRワイヤー

プレスリリースページの情報について

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 副町長が車庫入れで頭ぶつけ死亡 福井・若狭
  2. 米子東の選手がベンチ入りせず
  3. 札幌大谷が甲子園初勝利 米子東を1点に抑える
  4. 「白血病に勝つ…」池江選手の応援凧 滋賀の阿賀神社
  5. 前夕張市長の鈴木氏が先行、元衆院議員の石川氏が追う 北海道知事選・毎日新聞電話調査

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです