メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外日本 南アに敗れ、準決勝進出ならず
電話リレーサービス

聴覚障害者の自立つなぐ 利用者「生活の質」向上実感

電話リレーサービスの仕組み

 聴覚障害のある人が「電話リレーサービス」を利用すると、自立して社会と関わっている実感が高まるとの調査結果を、日本財団がまとめた。利用者へのアンケートで「自立した生活をしている」と答えた人は84%で、利用前の70%から14ポイント上昇。日本財団は「サービスが生活の質の向上につながっている」と分析する。【谷本仁美】

 電話リレーサービスは、聴覚障害者がオペレーターの仲介で、手話や文字を使って相手と電話で話せる仕組み…

この記事は有料記事です。

残り384文字(全文591文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 記者も身を寄せた避難所 「体育館で雑魚寝」でいいのか

  2. 車のトランクに男性閉じ込め、監禁容疑で少年ら7人逮捕 男性は死亡 滋賀県警

  3. 水浸し、満員、夜の冷え込み…気詰まり避難所 想定外? 準備不足?

  4. 台風19号 寝室で増水 目の前で夫「世話になったな」…86歳妻「1人はつらい」福島・いわき 

  5. 災害時…電気、ガス、水が乏しくてもポリ袋で簡単調理

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです