メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

特集ワイド

永田町に落語の風? 国会議員が呉越同舟 「芝浜」に魅せられて

落語議連の設立総会で師匠たちに囲まれ笑顔の遠藤利明議連会長(右から4人目)、小泉進次郎氏(同5人目)ら=東京・永田町で2018年11月20日、鈴木琢磨撮影

 師走の一夜、落語好きの国会議員のセンセイたちと寄席を楽しんだ。江戸庶民の喜怒哀楽、それを珠玉の話芸で味わい、一杯やろうという趣向。ああ、笑いの力は偉大なり! 盛り上がらぬ言論の府とは打って変わり、談論風発の場となったのだが--。【鈴木琢磨】

 東京・上野にある鈴本演芸場、夜席ゆえ、すでに軽くひっかけてきたのか、ご機嫌な客もいれば、弁当を広げ、くつろぐ常連らしき客もいる。いつもの風景だが、13日はいささか違った。あちこちに胸に金バッジをつけたスーツ姿の紳士が緊張気味に舞台を見つめている。11月20日に発足したばかりの自民党国会議員有志による「落語を楽しみ、学ぶ国会議員の会」(落語議連)の第1回実演鑑賞会の参加者だった。

 若手の落語あり、ほんわか風味の手品あり、モリ・カケ問題をいじる漫才あり、粋な小唄あり。席が温まった…

この記事は有料記事です。

残り2328文字(全文2690文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 富士通 早期退職に2850人
  2. マムシ 露天風呂でかまれる 京丹後市営温泉で男性客 市が防除など指示 /京都
  3. 堀ちえみさん、口腔がん「ステージ4」 ブログで公表
  4. 感染症 ネコにかまれ50代女性死亡 マダニが媒介
  5. 廃車「プリウス」の部品活用 秋田のベンチャーが小型発電機販売へ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです