メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
特集ワイド

永田町に落語の風? 国会議員が呉越同舟 「芝浜」に魅せられて

落語議連の設立総会で師匠たちに囲まれ笑顔の遠藤利明議連会長(右から4人目)、小泉進次郎氏(同5人目)ら=東京・永田町で2018年11月20日、鈴木琢磨撮影

 師走の一夜、落語好きの国会議員のセンセイたちと寄席を楽しんだ。江戸庶民の喜怒哀楽、それを珠玉の話芸で味わい、一杯やろうという趣向。ああ、笑いの力は偉大なり! 盛り上がらぬ言論の府とは打って変わり、談論風発の場となったのだが--。【鈴木琢磨】

 東京・上野にある鈴本演芸場、夜席ゆえ、すでに軽くひっかけてきたのか、ご機嫌な客もいれば、弁当を広げ、くつろぐ常連らしき客もいる。いつもの風景だが、13日はいささか違った。あちこちに胸に金バッジをつけたスーツ姿の紳士が緊張気味に舞台を見つめている。11月20日に発足したばかりの自民党国会議員有志による「落語を楽しみ、学ぶ国会議員の会」(落語議連)の第1回実演鑑賞会の参加者だった。

 若手の落語あり、ほんわか風味の手品あり、モリ・カケ問題をいじる漫才あり、粋な小唄あり。席が温まった…

この記事は有料記事です。

残り2328文字(全文2690文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「敵に塩」ならぬ「相手投手に水」 仙台育英・小濃が星稜・荻原に「まだ先が長いんだから」

  2. 「何するんですか」容疑者逮捕に抵抗 あおり運転 逮捕の女も叫び騒然

  3. WEB CARTOP 高速道路で走っているパトカーを追い越してはいけないのか?

  4. 犯人蔵匿・隠避容疑で51歳女逮捕 あおり運転 逮捕の男は暴行認める

  5. パトカーが4歳男児はねる 緊急走行中、横断歩道で 東京・千代田区

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです