メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ナビゲート

遺伝子改変、歴史改変=粥川準二(科学ライター)

 先月末、中国の研究者が人間の受精卵にゲノム編集を行って、遺伝子を改変した赤ちゃんを世界で初めて誕生させた、と国際会議などで主張し、物議を醸した。彼が本当にそれを行ったのかどうかさえ明らかではない。しかし現時点でも彼の主張は感染症への理解を阻害するだけだ。

 彼は、男性がHIV(エイズウイルス)に感染している夫婦が体外受精でつくった受精卵の「CCR5」という遺伝子を、ゲノム編集技術「クリスパー・キャス9」で働かなくさせたと説明した。確かにCCR5がつくるたんぱく質はHIVの通り道となるものなので、理論的には感染の可能性が下がるかもしれない。

 しかしそれは「HIVの父子感染を防ぐ方法」として適切だろうか。HIVの父子感染を防ぐ方法はすでにある。精子を洗浄し、それを人工授精するのだ。まだ安全性も有効性も定かではなく、社会的なコンセンサス(合意)もない受精卵ゲノム編集を行う正当性はまったくない。

この記事は有料記事です。

残り299文字(全文698文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 岡村隆史さんが結婚 相手は一般の30代女性

  2. 鳥取県教委、部活遠征で教員83人処分 生徒をマイカーに 実態に合わずの声も

  3. 石破氏動かした幹部の一言 2日徹夜して決断「これが俺の生き様」

  4. ORICON NEWS 岡村隆史、10年来の友人と結婚 決め手は「ここ半年くらい本当に支えてもらった」

  5. 「幻のヘビ」シロマダラ、民家で鉢の下から見つかる 千葉・柏

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです