メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ナビゲート

遺伝子改変、歴史改変=粥川準二(科学ライター)

 先月末、中国の研究者が人間の受精卵にゲノム編集を行って、遺伝子を改変した赤ちゃんを世界で初めて誕生させた、と国際会議などで主張し、物議を醸した。彼が本当にそれを行ったのかどうかさえ明らかではない。しかし現時点でも彼の主張は感染症への理解を阻害するだけだ。

 彼は、男性がHIV(エイズウイルス)に感染している夫婦が体外受精でつくった受精卵の「CCR5」という遺伝子を、ゲノム編集技術「クリスパー・キャス9」で働かなくさせたと説明した。確かにCCR5がつくるたんぱく質はHIVの通り道となるものなので、理論的には感染の可能性が下がるかもしれない。

 しかしそれは「HIVの父子感染を防ぐ方法」として適切だろうか。HIVの父子感染を防ぐ方法はすでにあ…

この記事は有料記事です。

残り376文字(全文698文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 北九州市最大のソープランド摘発 経営者ら売春防止法違反容疑で逮捕

  2. 千葉県 37歳女性職員、病気休職中に風俗店勤務で処分

  3. 実体験もとに性依存症を漫画化 なぜ作者は公表したのか

  4. 100歳、歩行者はねる 「気がついたら歩道に」 新潟

  5. 小4男児遺体 首には絞められたような痕 さいたま市見沼区

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです