メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ウラカタ

「テレ東にない番組を」 テレビ東京系「そろそろにちようチャップリン」プロデューサー 伊藤隆行さん

伊藤隆行プロデューサー=丸山進撮影

 「1%だけでも自分を天才だと思って企画書を書かないと、面白いものはできない」。入社2年目、先輩の言葉が刺激になった。

 テレビが好きなわけでもなく、何となくテレビ局に入った。番組企画を週1本は書くノルマを懸命にこなしたが、1年目は全く採用されなかった。先輩の言葉で企画書を見直すと、既存の番組の変化球ばかり。天才になれるのは自分しか経験していないことと考え、高校時代の帰宅途中、太ったラグビー部員が即席めんの乾麺に粉末スープを掛けてかじる場面を思い出した。やってみると意外においしい。そこから「太った人はおいしいものを知っている」がテーマの番組企画を作り採用された。番組企画を初めて面白いと感じた。

 テレビ東京にない番組は何か。それはお笑い番組だった。「そろそろにちようチャップリン」(土曜午後11時55分)は、内村光良が「若手芸人のネタ番組をやらないか」と提案したのがきっかけ。内村の尊敬するチャールズ・チャプリンの名を取った2015年の特番「そこそこチャップリン」がその後レギュラー化。「M-1の予選会みたいなものを番組でやろう」と、観客の採点で優劣を決め、年末のチャンピオン大会を目指すスタイ…

この記事は有料記事です。

残り273文字(全文772文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 佐々木国交政務官「国のせいにしないで」 新型コロナ拡大巡るツイートに批判の声

  2. 「ポケモンを埋葬」仏記者、中国哀悼行事の放送中に発言 1週間の停職処分に

  3. 「都内感染者の増え方、ほぼ想定内」東京都、1日最多の143人感染 2日連続の100人超

  4. 緊急事態宣言「非常に切迫」 西村経済再生相、東京の118人感染判明受け

  5. 医療従事者153人の感染判明 院内感染も発生 医療崩壊の懸念 新型コロナ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです