メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
ウラカタ

「テレ東にない番組を」 テレビ東京系「そろそろにちようチャップリン」プロデューサー 伊藤隆行さん

伊藤隆行プロデューサー=丸山進撮影

 「1%だけでも自分を天才だと思って企画書を書かないと、面白いものはできない」。入社2年目、先輩の言葉が刺激になった。

 テレビが好きなわけでもなく、何となくテレビ局に入った。番組企画を週1本は書くノルマを懸命にこなしたが、1年目は全く採用されなかった。先輩の言葉で企画書を見直すと、既存の番組の変化球ばかり。天才になれるのは自分しか経験していないことと考え、高校時代の帰宅途中、太ったラグビー部員が即席めんの乾麺に粉末スープを掛けてかじる場面を思い出した。やってみると意外においしい。そこから「太った人はおいしいものを知っている」がテーマの番組企画を作り採用された。番組企画を初めて面白いと感じた。

 テレビ東京にない番組は何か。それはお笑い番組だった。「そろそろにちようチャップリン」(土曜午後11…

この記事は有料記事です。

残り423文字(全文772文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 米政府、異例の「失望」声明 韓国GSOMIA破棄に改善促す

  2. 「反日は一部」「少し感情的」日韓市民、一層の関係悪化を懸念 GSOMIA破棄に

  3. 香港人の台湾移住増加 抗議行動との関連を台湾側は明言避ける

  4. キャバクラ暴行死 未婚10代母、遠い自立 娘残し無念

  5. 米国防総省「強い懸念と失望表明」 韓国のGSOMIA破棄で声明

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです