メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

インタビュー・最前線

ロート製薬 山田哲正・再生医療研究企画部長 肝硬変の再生医療挑む 目薬の蓄積生かし

インタビューに答えるロート製薬の山田哲正・再生医療研究企画部長=大阪市北区で2018年12月6日、幾島健太郎撮影

 国内で約4割のトップシェアを誇る目薬などで知られるロート製薬(本社・大阪市生野区)が、肝硬変患者を対象とした再生医療に注力している。♪ロート、ロート、ロート…--という歌声が流れるテレビCMで社名を記憶する人も多いだろう。一般用医薬品を得意としてきた、お茶の間にもおなじみの製薬企業が、どんな背景から最先端の再生医療に挑むのか。山田哲正・再生医療研究企画部長(69)に聞いた。【聞き手・釣田祐喜、写真・幾島健太郎】

--ロート製薬に再生医療のイメージはありませんでした。

この記事は有料記事です。

残り1394文字(全文1629文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. リーチ・マイケル主将「台風で亡くなった人たちの家族に勇気与えられたと思う」

  2. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  3. 路上生活者、台風19号の避難所入れず 台東区「住所ないから」

  4. ラグビーW杯 台風19号で試合中止のカナダ代表、釜石で土砂除去などボランティア

  5. 日本悲願の8強、アジア初 スコットランド破りA組1位 世界ランキング過去最高7位に

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです