メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

インタビュー・最前線

ロート製薬 山田哲正・再生医療研究企画部長 肝硬変の再生医療挑む 目薬の蓄積生かし

インタビューに答えるロート製薬の山田哲正・再生医療研究企画部長=大阪市北区で2018年12月6日、幾島健太郎撮影

 国内で約4割のトップシェアを誇る目薬などで知られるロート製薬(本社・大阪市生野区)が、肝硬変患者を対象とした再生医療に注力している。♪ロート、ロート、ロート…--という歌声が流れるテレビCMで社名を記憶する人も多いだろう。一般用医薬品を得意としてきた、お茶の間にもおなじみの製薬企業が、どんな背景から最先端の再生医療に挑むのか。山田哲正・再生医療研究企画部長(69)に聞いた。【聞き手・釣田祐喜、写真・幾島健太郎】

--ロート製薬に再生医療のイメージはありませんでした。

この記事は有料記事です。

残り1394文字(全文1629文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 池袋暴走 元高級官僚だから? 「なぜ運転手が逮捕されないのか」疑問の声噴出
  2. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  3. 池袋暴走 被害者遺族のコメント全文「少しでも犠牲者いなくなる未来を」
  4. 池袋暴走事故 亡くなった松永さん親族ぼうぜん「だまされているような」
  5. 国民民主党、自由党と合併で正式合意 自由は解散

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです