メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

技能実習生

ベトナムから13人迎え開校式 出羽商工会で初 /山形

 外国人労働者の受け入れを拡大する改正入管法の施行を来年4月に控える中、鶴岡市の出羽商工会(上野隆一会長)で18日、ベトナムからの技能実習生13人を迎える開校式があった。受け入れる企業の経営者からは、労働力不足解消への手立ての一つとして期待する声が相次いだ。

 技術伝達による国際貢献と、地域の人手不足解消による企業経営の安定化を目指す取り組みで、今年3月に受け入れ管理団体として認可を受けた同商工会では、初の受け入れとなる。国の制度拡充をにらみながら、さらに農業や建設業など職種を拡大したい考えだ。

 実習生は、前日に空路で来日した18~30歳の女性13人。開校式で上野会長は「日本に来て働こうと思っ…

この記事は有料記事です。

残り452文字(全文751文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 五輪特需見込む スナック、キャバクラなど会場周辺で容認へ 警視庁検討

  2. ロシア・ザギトワ選手「活動停止」 事実上の引退宣言の可能性 18年平昌五輪“金”

  3. 希望者は桜を見る会出席 前日に地方議員研修会 昨年4月「私物化」浮き彫りに

  4. 2番組が広告放送の疑い BPO審議入り

  5. ザギトワ「大学進学しコーチに」 ロシアTV番組で“引退宣言”

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです