メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

絆・保護犬イブと暮らして

/1(その1) 出会い 虐待経験の高齢犬、家族に /福島

 「体は汚く、しっぽが下がっておびえていた。ストレスからか、血尿の症状も出ていた。可哀そうで……」

 昨年12月、ボランティアで保護犬・猫の里親探しをしている白河市の女性トリマー(35)の元に、一匹の犬が持ち込まれた。見た目からも可愛がられていなかったことがうかがい知れた。連れてきた飼い主の娘はすぐに帰らず、「新しい家庭で幸せになってね」と話しかけながら、いつまでも犬の頭をなでていた。娘の目には涙が浮かんでいた。

 犬の名前はゴン太。体長約65センチになる雄の中型犬で、年齢は9歳。薄いイエローの毛並みがきれいな犬…

この記事は有料記事です。

残り945文字(全文1202文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  2. おげんさんといっしょ 「#おげんさん」再び世界トレンド1位に 第3弾もSNS大盛り上がり

  3. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  4. 大規模河川の堤防も対応能力超え決壊 そのメカニズムとは

  5. 満身創痍ギリヤーク尼ケ崎さん 西新宿で青空舞踏 命の尊さ祈りささげる

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです