メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

絆・保護犬イブと暮らして

/1(その1) 出会い 虐待経験の高齢犬、家族に /福島

 「体は汚く、しっぽが下がっておびえていた。ストレスからか、血尿の症状も出ていた。可哀そうで……」

 昨年12月、ボランティアで保護犬・猫の里親探しをしている白河市の女性トリマー(35)の元に、一匹の犬が持ち込まれた。見た目からも可愛がられていなかったことがうかがい知れた。連れてきた飼い主の娘はすぐに帰らず、「新しい家庭で幸せになってね」と話しかけながら、いつまでも犬の頭をなでていた。娘の目には涙が浮かんでいた。

 犬の名前はゴン太。体長約65センチになる雄の中型犬で、年齢は9歳。薄いイエローの毛並みがきれいな犬…

この記事は有料記事です。

残り945文字(全文1202文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 台湾東岸・花蓮でM6.1地震 震源の深さ18キロ
  2. 「池に人が浮いている」通報 60~70代女性死亡 井の頭公園
  3. 直前「胸騒ぎ」で井戸 命つなぐ 神戸の92歳、二つの大地震の経験生かす
  4. 熊本地震3年 「ワンピース」のキャラクター像8体 設置自治体を決定 熊本県
  5. 新元号 「令和元年」カレンダー 八潮のメーカーが制作 /埼玉

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです