メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

企画展

三樹一平の功績たどる 明治書院創設 相模原 /神奈川

 19世紀末に国語教育の専門出版社「明治書院」を創設した相模原市緑区三ケ木(旧津久井町)出身の三樹一平(1859~1924)の生涯と功績を追った「三樹一平展」が、同市南区の相武台公民館で開かれている。

 同公民館近くに住む郷土史家の涌田佑さん(89)が、膨大な資料を調べて手書きパネル119点を作成し、写真85点と共に展示。一平の生い立ちから死没までを検証し、近代出版のさきがけとなった一平の人となりと明治書院の足跡を浮き…

この記事は有料記事です。

残り315文字(全文525文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  2. 東京消防ヘリ 福島・いわきで救助中、誤って70代女性落下し死亡

  3. 路上生活者、台風19号の避難所入れず 台東区「住所ないから」

  4. ラグビーW杯 台風19号で試合中止のカナダ代表、釜石で土砂除去などボランティア

  5. リーチ・マイケル主将「台風で亡くなった人たちの家族に勇気与えられたと思う」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです