メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

都大路へ駆ける

全国高校駅伝 チーム紹介 女子・和歌山北(2年連続2回目) 「3カ年」で強化中 /和歌山

都大路に向けて練習に励む和歌山北の選手たち=和歌山市西庄で、砂押健太撮影

 全国高校駅伝競走大会(毎日新聞社、日本陸連、全国高体連など主催)に2年連続2回目の出場となる和歌山北。昨年からチーム強化に本腰を入れ、今年は飛躍の年と期待されていたが、主力選手が故障するアクシデントに見舞われた。チームとしては万全の態勢ではないが、控え選手のレベルアップも図り、都大路に挑む。

 先月3日にあった県予選では優勝し、全国大会への出場権を得た。ただ、中心選手として期待されていた小倉稜央選手(2年)や松尾萌花選手(2年)を欠き、昨年よりも4分以上遅い1時間15分9秒という低調な記録に終わった。

 先月18日にあった近畿大会以降は量をこなすのではなく、選手の力を最大限引き出すトレーニングに重点を…

この記事は有料記事です。

残り741文字(全文1044文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS Hey! Say! JUMP、全国ツアー開催を見送り 一部ファンの迷惑行為の影響
  2. 神羅万象チョコ 15年の歴史に幕 累計1億2575万個販売 7月に最終弾発売
  3. 屋久島孤立 下山232人のうち25人到着 残留34人の救助始まらず
  4. ORICON NEWS 『名探偵ピカチュウ』米興行、予想を上回る好成績 「ゲーム原作映画はヒットしない」定説を覆す?
  5. 「自分の息子信じたい」被告の両親通報せず 妹は通報提案 野田・女児虐待死

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです