メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

迷惑行為

規制強化へ 県警が条例改正案、意見公募 /岡山

娘が遭った盗撮被害について語る母親=岡山市で、益川量平撮影

 県警は、県迷惑行為防止条例の改正案をまとめた。改正は、スマートフォンや高性能カメラの普及に伴い巧妙化する盗撮行為や、強引な客引き行為の取り締まりを強化するのが狙い。改正案の内容について、21日までパブリックコメント(意見公募)を実施している。【益川量平】

 県警生活環境課によると、現行の条例はスカート内などの盗撮行為の規制場所について、公園やバスなどを念頭に「公共の場所や公共の乗り物」と規定している。改正案では、さらに「学校」「事務所」「タクシー」「不特定または多数の人が利用し、または出入りする場所・乗り物」を加えた。

 服を脱ぐ場所にいる人への盗撮行為の規制場所も、従来の「多数の人が集まり、または利用する施設の便所、…

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 過激ゆるキャラ「ちぃたん☆」に頭抱える高知・須崎市 「観光大使」自称
  2. 稀勢の里引退会見「土俵人生に一片の悔いもない」
  3. 横綱・稀勢の里引退 初場所3連敗、再起ならず
  4. ミニスカ「性犯罪誘う」に批判 菅公学生服が不適切表現を謝罪
  5. 広河氏「セクハラ、立場を自覚せず」 写真界の「権力者」暴走の背景は?

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです