メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

迷惑行為

規制強化へ 県警が条例改正案、意見公募 /岡山

娘が遭った盗撮被害について語る母親=岡山市で、益川量平撮影

 県警は、県迷惑行為防止条例の改正案をまとめた。改正は、スマートフォンや高性能カメラの普及に伴い巧妙化する盗撮行為や、強引な客引き行為の取り締まりを強化するのが狙い。改正案の内容について、21日までパブリックコメント(意見公募)を実施している。【益川量平】

 県警生活環境課によると、現行の条例はスカート内などの盗撮行為の規制場所について、公園やバスなどを念頭に「公共の場所や公共の乗り物」と規定している。改正案では、さらに「学校」「事務所」「タクシー」「不特定または多数の人が利用し、または出入りする場所・乗り物」を加えた。

 服を脱ぐ場所にいる人への盗撮行為の規制場所も、従来の「多数の人が集まり、または利用する施設の便所、…

この記事は有料記事です。

残り1275文字(全文1587文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 鬼滅の刃 シリーズ累計4000万部突破 10カ月で11倍 勢い止まらず

  2. MX番組担当者が自殺か 賞品ランボルギーニ未譲渡 「迷惑かけた」メモ

  3. 全日本吹奏楽連盟「事務局長ら2人が1.5億円超着服」 懲戒解雇

  4. 新型肺炎、もし感染したら? 治療薬なし、対症療法中心 マスク、手洗い…予防が大事

  5. 新型肺炎 日本国内のホテルもキャンセル相次ぐ 長期化懸念の声

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです