メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大学入試

入学共通テスト 英語「民間試験」に懸念の声 山大活用方針「地域格差など影響」 /山口

 現行の大学入試センター試験に代わり、2020年度から始まる「大学入学共通テスト」で、英語の民間資格・検定試験が導入される。新制度を巡り各大学の判断が割れる中、山口大は民間試験を活用する方針だが、文部科学省が認定した8試験の大半は県内に実施会場がないなど、地域や経済的な格差が受験機会に影響すると心配する声が学内外で上がっている。【坂野日向子】

 新制度の英語について、文科省は「読む、聞く、話す、書く」の4技能を測るため民間試験を活用すると決め…

この記事は有料記事です。

残り554文字(全文776文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 瀬古氏、MGC3位の大迫にファイナルチャレンジ回避の勧め

  2. 英議会風刺のバンクシー画競売へ 議員の代わりにチンパンジー、EU離脱の混迷で注目

  3. 女子1位の前田穂南、20キロ過ぎから独走し、ニューヒロインが誕生

  4. タイキシャトルのたてがみ切られる「見学のお客さん信頼していたのに残念」

  5. 千葉停電 被災者「あきれた」「県外避難も」 東電説明二転三転

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです