メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

分水問題

松山市長、理解呼び掛け 西条訪問、解決の糸口つかめず /愛媛

就任当選あいさつに訪れた野志克仁松山市長(左)を迎えた玉井敏久西条市長=愛媛県西条市役所で、近藤隆志撮影

 松山市が恒常水源の確保策として進める西条市の県営黒瀬ダムからの分水問題を巡り、松山市の野志克仁市長は18日、3期目の就任あいさつとして西条市役所を訪れ玉井敏久市長と面会し、分水への理解を呼び掛けた。11月の松山市長選で3選後初の対面だったが、「水は域外に出さない」と否定的な主張をしてきた玉井市長から明確な返答はなく、分水問題を解決する糸口もつかめないままで終わった。【木島諒子、近藤隆志】

 面会は約15分間で、冒頭のあいさつのみ報道陣に公開された。面会後、野志市長は報道陣の取材に応じ、黒…

この記事は有料記事です。

残り424文字(全文670文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 参院補選2019 N国・立花党首「埼玉補選に落ちたら海老名市長選に立候補」と表明

  2. 拳銃置き忘れの女性巡査長に停職1カ月 風俗店でバイトも 依願退職

  3. 山口組ナンバー2出所 暴力団の勢力図、塗り替わる可能性も

  4. GPIF理事長を減給処分 「女性と関係」内部通報、監査委員に報告遅れ

  5. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです