メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

フリースクール

個々に応じカリキュラム 発達障害児対象「ギフテッド」設立10周年 中央区 /福岡

「大人向け就職・生活支援も」 来春、シェアハウス計画

 学習障害や自閉症などの発達障害のある小中学生を対象にしたフリースクール一般社団法人「ギフテッド」(中央区警固)が今年、設立10周年を迎えた。これまで100人以上の卒業生を送り出した校長の下津浦陽子さん(51)は「今後は大人の支援にも関わりたい」と、来春にも発達障害者の就職・生活を支援する「シェアハウス」を始める計画だ。【末永麻裕】

 開校のきっかけは15年前。下津浦さんの長男瑛児さん(21)が小学1年の時、読み書きが困難な学習障害…

この記事は有料記事です。

残り662文字(全文905文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 桜を見る会  安倍事務所名の申込書使い自民・下関市議が「地方枠」で支援者招待

  2. 桜を見る会 安倍首相の元秘書・下関市長はこう答えた…定例記者会見・一問一答

  3. 「私生活動画」収集計画のIT会社、参加希望者のメアド流出

  4. 桜を見る会前夜祭で首相説明「費用の明細書ない」「800人参加」「食事代の領収書ない」

  5. トヨタ社員がパワハラ自殺 「ばか」と言われ適応障害に 復職後、斜め前に叱責上司

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです