メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

巨大IT企業

基本原則 寡占防止も育成も、併存に腐心

 政府は18日、「プラットフォーマー」と呼ばれる巨大IT企業への規制に関する基本原則をまとめた。巨大IT企業が膨大なデータを握り、産業構造を転換させようとしている中、一部企業による「データの独占」を防ぎつつ、公正な競争環境と技術革新を両立できるのか。政府に難題がのしかかる。【和田憲二】

 プラットフォーマーは、検索やSNS(交流サイト)、インターネット通販などの無料サービスを通じて利用者からデータを収集。それをもとに個人の好みや関心に応じた広告や情報を表示し、さらに利用者とデータを増やす。利用者は自ら提供したデータと引きかえに便利なサービスを使ううち、他社に乗り換えづらくなり、データが一部のプラットフォーマーに集中して競争を阻害しかねない。こうしたデータの寡占・独占は独占禁止法が想定してこなかった状況だ。

 そのため、基本原則では「デジタル市場の特性を踏まえた取り組みが必要だ」として、規制にあたってデータ…

この記事は有料記事です。

残り1112文字(全文1518文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「丸山氏早く辞め病院へ」松井一郎大阪市長 「完全に一線越えている。社会人として失格」
  2. 丸山衆院議員 聴取欠席へ 「女を買いたい」週刊誌報道、戦争発言など 自民、弁明提案
  3. 丸山氏に続き長谷川氏、舌禍相次ぐ維新 その背景は?
  4. ファーウェイ排除、中国世論沸騰 習主席は「持久戦」呼びかけ
  5. 丸山穂高氏、自民弁明要求に「体調不良で欠席」連絡 「女」発言

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです