メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

クローズアップ2018

新大綱・中期防決定 「専守防衛」逸脱に懸念 「空母」・サイバー、範囲拡大

 安倍政権が5年ぶりに改定した防衛計画の大綱(防衛大綱)は、軍備を拡大する中国や核廃棄に応じない北朝鮮に強い懸念を示し、宇宙、サイバーなど「新しい脅威」への対応を急いだのが特徴だ。しかし、目玉として打ち出した装備や政策には、「専守防衛」という日本の基本方針を逸脱しかねない内容も含まれる。高額な装備の米国からの大量調達には、貿易赤字是正を迫る「トランプ米大統領対策ではないか」(野党)との批判もつきまとう。【前谷宏、木下訓明】

 新たな防衛大綱と中期防衛力整備計画(中期防)は、海上自衛隊最大のヘリコプター護衛艦「いずも」と「か…

この記事は有料記事です。

残り1702文字(全文1965文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 15歳美少女4人組「@ onefive」“正体”判明 顔見せビジュアル&MV一斉公開

  2. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  3. ジョーカー 主演ホアキン・フェニックスが語る壮絶減量の裏側 監督に怒りをぶちまけたことも…

  4. 維新、2特別区で本庁舎位置変更検討 24日法定協で提案 大阪都構想

  5. 郡山市の浸水地域や周辺で空き巣相次ぐ 貴重品放置しないで

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです