メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
質問なるほドリ

自衛隊戦闘機、将来は? F35新たに105機 F2後継は日本主導模索=回答・前谷宏

 なるほドリ 防衛省(ぼうえいしょう)がF35という戦闘機(せんとうき)を大量に買うという記事を読んだよ。そもそも日本はどんな戦闘機を持っているの?

 記者 空を守る航空自衛隊(こうくうじえいたい)にはF4、F15、F2の3種類がありました。F4は1971年度から導入(どうにゅう)が始まった旧型機(きゅうがたき)。2020年度までに役割(やくわり)を終える予定で、最新鋭(さいしんえい)のステルス戦闘機F35A(42機)への入れ替(か)えが進んでいます。F15は運動性能(うんどうせいのう)が高い主力(しゅりょく)戦闘機ですが、導入開始が80年度。保有(ほゆう)する201機のうち102機はコンピューターの交換(こうかん)など近代化(きんだいか)を進めていて、今後も長距離巡航(ちょうきょりじゅんこう)ミサイルの搭載(とうさい)能力などを備(そな)えさせて使い続ける予定です。

この記事は有料記事です。

残り730文字(全文1118文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ASKAさんが「CHAGE and ASKA」脱退を発表「ソロ活動に邁進」

  2. 大野氏初当選 埼玉知事選 与党系との一騎打ち制す 野党共闘に弾み

  3. 立花N国党首「3年後、参院議員やめ参院選出馬」 埼玉知事選敗北で

  4. 「衆院選に大きな展望」野党歓迎 大野氏埼玉知事選初当選 統一加速へ

  5. 無党派層からの支持、大野氏は6割 青島氏は3割 埼玉知事選出口調査

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです