メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

論点

「移民社会」 どうする日本語教育

 日本で就労する外国人労働者にとって大きなハードルとなるのが日本語の壁だ。社会生活を送るには言語能力が重要だが、日本語教育の制度設計は未整備で、公的資格でない日本語教師はボランティア頼りの面もある。就労する分野ごとに求められる日本語能力の基準も明確でない。外国人向け日本語教育はどうあるべきか。【聞き手・森忠彦】

この記事は有料記事です。

残り4442文字(全文4598文字)

コメント

投稿について

読者の皆さんと議論を深める記事です。たくさんの自由で率直なご意見をお待ちしています。

※ 投稿は利用規約に同意したものとみなします。

利用規約

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 余録 「いやだいやだよ…

  2. 新型コロナ 本当にデタラメなのか 河野太郎行革相が批判したNHKワクチン報道を検証した

  3. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

  4. 「そのお金を医療に回せ!」 コロナ政策「暴走」を漫画でバッサリ 作者の思い

  5. 「断じて受け入れられない」茂木外相が談話 韓国の元慰安婦訴訟判決確定に

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです