メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

記者の目

躍進する関西将棋界 意識改革で雰囲気一変=新土居仁昌(大阪学芸部)

第67期王将戦第6局に臨む久保利明王将(右)と豊島将之八段(当時)=長野県松本市の松本ホテル花月で3月14日、小川直樹撮影

 10月に終わった将棋の王座戦で挑戦者の斎藤慎太郎七段(25)が中村太地王座(30)=七段=を破り、初タイトルを獲得した。斎藤新王座は関西所属、中村七段は関東所属の棋士。将棋界には八つのタイトルがあり、斎藤王座の誕生で関西と関東の棋士が四つずつ分け合うことになった。関西で四つ以上のタイトルを持つのは26年ぶりのことだ。私は大阪学芸部で将棋と囲碁を担当しており、やはり関西棋士の活躍はうれしい。若手が次々タイトル戦に登場し、層も厚くなった。その背景にはプロ棋士養成機関である関西奨励会の意識改革や、ライバルが結束して「みんなで強くなろう」とする関西独特の土壌があるように思う。

この記事は有料記事です。

残り1781文字(全文2069文字)

コメント

投稿について

読者の皆さんと議論を深める記事です。たくさんの自由で率直なご意見をお待ちしています。

※ 投稿は利用規約に同意したものとみなします。

利用規約

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. MX番組担当者が自殺か 賞品ランボルギーニ未譲渡 「迷惑かけた」メモ

  2. 賞品の高級車渡さずMXテレビ謝罪 企画会社と「連絡取れない状況」

  3. WEB CARTOP 日産GT-Rのイベントにボコボコの事故車2台が展示された理由とは?

  4. 山形唯一の老舗百貨店「大沼」が破産申請 従業員200人解雇

  5. 兵庫・西宮の山中に遺体 大阪の会社社長か 22日から行方不明 事務所に血痕

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです