メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

英国

EU離脱問題 壁は今も、恐れる分断 北アイルランド、融和進まず

居住区を隔てる壁の前で「この孫の世代のためにも壁はもう必要ない」と話すドロシーさん=北アイルランド・ベルファスト西部で

 混迷を深める英国の欧州連合(EU)離脱問題。最大の焦点は、英領北アイルランドと地続きのEU加盟国アイルランドの国境管理を離脱後どうするかだが、具体的な解決策は見いだせていない。プロテスタント系とカトリック系の住民が約30年にわたって紛争を続けた英領北アイルランドでは、1998年の和平合意後も居住地区を隔てる壁は残り、住民間の真の融和は進んでいない。離脱によって、分断が鮮明化し和平が逆戻りしないか、不安が広がっている。【英領北アイルランドで矢野純一】

 「離脱を決めた2016年の国民投票は、北アイルランドへの良い影響は全くなかった」。プロテスタント系…

この記事は有料記事です。

残り1505文字(全文1782文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. リーチ・マイケル主将「台風で亡くなった人たちの家族に勇気与えられたと思う」

  2. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  3. 路上生活者、台風19号の避難所入れず 台東区「住所ないから」

  4. ラグビーW杯 台風19号で試合中止のカナダ代表、釜石で土砂除去などボランティア

  5. 日本悲願の8強、アジア初 スコットランド破りA組1位 世界ランキング過去最高7位に

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです