メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

街角から

予言者  カイロ支局・篠田航一

 目に見えないものを信じるか。愛や友情ではない。お化けや幽霊の話だ。レバノンを訪れた際、「逆に君は信じないのか」と首都ベイルートでタクシー運転手のジアド・ラウワスさん(52)に怒られた。この国はイスラム教スンニ派にシーア派、キリスト教マロン派など18の宗教・宗派が混在し、多様な信仰が当たり前。精霊信仰や占いも盛んだ。

 イスラム圏でも「超自然的なもの」の存在を信じる人は多い。たとえば、目に見えない精霊「ジン」は聖典コ…

この記事は有料記事です。

残り323文字(全文532文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 共産党「現行憲法に抵触」即位礼など欠席 他の主要政党は祝意

  2. 行政ファイル 金沢の飲食店で食中毒 /石川

  3. 即位礼正殿の儀 安倍晋三首相の寿詞全文

  4. 名阪国道、奈良知事が異例の有料化要望 トラック流入で事故や渋滞多発

  5. なるか埼玉の新名物 蕨市の「わらび餅」 完成まで2年、こだわりの新食感

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです