メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

社会保障費

34兆円 過去最高 前年度比1兆円増

 政府は2019年度予算案で、社会保障費を過去最大の34兆600億円程度にする方針を固めた。前年度当初に比べ約1兆700億円の増額。高齢化で医療・介護費が増えるのに加え、来年10月の消費税増税時に始める幼児教育無償化などで規模が膨らむ。防衛費も約700億円増の5兆2600億円程度と過去最高となる。一般会計の総額は前年度当初に比べ約3兆7400億円多い101兆4600億円程度で当初予算では初めて100兆円を突破する。

 19年度の歳出で公共事業費は、自然災害の備えを強化するインフラ整備事業費が膨らみ前年度当初比約93…

この記事は有料記事です。

残り385文字(全文644文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. GSOMIA決裂をギリギリ回避 防衛省幹部も驚いた急転直下の裏側

  2. 小学生バレーボール体罰 一部の保護者、口止め誓約書を配布 「情報漏らした」と正座させ詰問も

  3. 電車とホームドアの間に巻き込まれ医師死亡 稼働前で線路側に入れる状態 京急・上大岡駅

  4. GSOMIA継続 方針転換に輸出管理巡る日韓対話合意

  5. GSOMIA失効回避も 日韓経済の回復遠く

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです