メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

経済観測

親元就農者に見られる新しい兆し=農業ジャーナリスト・青山浩子

 農林水産省によると2017年の新規就農者数(49歳以下)は約2万人で、10年前と変わらない。だがその内訳は変化している。主に非農家出身で、農業法人等に雇用されたり、農地を確保し独立して農業を営んだりする人は増えている。一方、親元で就農する農家出身者は構成比で半分を占めるものの、減少している。外部からの参入者が増え、内部にいる人の農業離れが進む傾向がここ数年続いた。だが、変化の兆しが見え始めた。

 先日、基盤整備事業を契機に効率的な農業を実現している地域を表彰する「農業農村整備優良地区コンクール」の審査会があった。基盤整備事業とは、生産性を上げるため、小さい区画の農地を大きくしたり、農道を広くしたり、排水施設を整えたりするといったハード事業である。選考会では、生産性が高まった結果、「農業で生活できる」と他産業を選ばず、親の農業を継ぐ若者が増えてきたというプレゼンが複数あった。就農する若者が…

この記事は有料記事です。

残り316文字(全文715文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「なぜ?なぜ?なぜ娘だったのか」 福岡・商業施設女性刺殺、被害者の母

  2. 鼻出しマスク受験「眼鏡が曇るから」 釈放男性、トイレにこもった訳は

  3. 「1日で49人の相手を…」 過酷な労働、波乱の人生赤裸々に 「からゆきさん」肉声テープ発見

  4. マスク拒否し緊急着陸させた大学職員逮捕 威力業務妨害などの疑い 大阪府警

  5. 維新、衆院「沖縄北方」など特別委の整理要求 無駄削減で改革姿勢アピール

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです