メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ひと

菅原昇さん=「男鹿のナマハゲ」を伝承する

菅原昇(すがわら・のぼる)さん(75)

 200年以上の歴史を持つという「ナマハゲ」を伝承し、17歳の時から半世紀以上、仮装を続けてきた。地元・秋田県男鹿(おが)市の男鹿半島では例年、大みそかの夜に地域ごとに異なる面などを使った行事が数多く執り行われる。

 「男鹿のナマハゲ」など8県10行事で構成する「来訪神(らいほうしん) 仮面・仮装の神々」は、国連教育科学文化機関(ユネスコ)の無形文化遺産リストに登録された。全国各地の行事関係者でつくる協議会のメンバーでもあり、「これからも交流を深め、保存伝承に向け協力したい」と意気込む。

 生まれ育った男鹿半島の真山(しんざん)地区には、独特のナマハゲ文化が今も残っている。訪れた民家の中…

この記事は有料記事です。

残り378文字(全文692文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型肺炎 中国人住民多い川口で注意喚起 飲食店に文書掲示

  2. ORICON NEWS 日本マクドナルド、史上初の『ごはんバーガー』3種誕生 人気メニューを“ごはん”でサンド

  3. MX番組担当者が自殺か 賞品ランボルギーニ未譲渡 「迷惑かけた」メモ

  4. 高齢女性が金づちで頭を殴られ搬送 男が逃走 大阪の路上

  5. 破産手続き開始の大沼が記者会見「お客様、関係者におわび」 全店舗で営業停止

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです