メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
ニッポンの食卓

第5部 未来へ/3 満足、フェイクミート

植物性由来の代替肉を使ったハンバーガーを紹介する村谷幸彦さん=東京都新宿区のSHOGUN BURGERで

 ●進化する代替食品

 外国人観光客らが行き交う東京の新宿・歌舞伎町。10月末にオープンしたハンバーガー屋「SHOGUN BURGER」を訪れると、入り口にベジタリアンバーガーの立て看板が置かれていた。和牛100%の通常メニューに加え、牛肉の代わりに大豆由来のパテ「フェイクミート」を使ったハンバーガー2種類を販売している。パテの原材料は全て植物性。作りたての熱いハンバーガーにかぶりつくと、肉汁のようなうまみとコクが口に広がった。ややあっさりしているが、弾力がある歯応えや見た目はまるで肉そのものだ。

 富山県を中心に焼き肉屋などを展開するガネーシャ(富山市)が運営。ベジタリアンバーガーは週末訪れる外…

この記事は有料記事です。

残り1895文字(全文2195文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ヒグマ駆除に道外中心批判200件 札幌市対応に苦慮

  2. 立花N国党首「3年後、参院議員やめ参院選出馬」 埼玉知事選敗北で

  3. 「平和の少女像」作家が中止後初、表現の不自由展会場を訪問 「かわいそうで涙が出た」

  4. 衝突した車の運転男をひき逃げ容疑などで逮捕 栃木・鹿沼炎上事故2人死亡

  5. ASKAさんが「CHAGE and ASKA」脱退を発表「ソロ活動に邁進」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです