メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

がん治療

ネットでセカンドオピニオン 相談投稿→医師名乗り→回答→治療法選択 地理的・時間的制約なく

ファインドミーのリポートのイメージ

 がん治療に際し、主治医でない別の医師に意見を求めるセカンドオピニオン。一般には患者と医師が直接対面して行うが、近年はインターネットを使ったものまで登場している。新しい仕組みと使用の際の注意点をまとめた。【高野聡、五味香織】

 セカンドオピニオンは、主治医から提供された書面や画像検査結果などを基に、別の医師から病気の症状や治療について見解を聞く行為だ。日本では、1990年代後半から知られるようになり、2006年にはセカンドオピニオンのため主治医が診療情報を提供すると診療報酬が付くようになった。このため専門外来を設ける病院が増えるなど、普及が進んだ。

 セカンドオピニオンには公的医療保険は使えず、費用は医療機関ごとに異なる。国立がん研究センター中央病…

この記事は有料記事です。

残り1415文字(全文1741文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. テレ朝報道番組「スーパーJチャンネル」でやらせ スーパーの客5人はディレクターの知人、関係者だった

  2. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  3. 独り暮らしの母犠牲「悔やみきれない」駆けつけた息子、手縫いの品見つめ 福島・本宮

  4. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  5. 山梨のキャンプ場で不明の美咲さん 両親が新たに写真と動画を公開

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです