メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

がん治療

ネットでセカンドオピニオン 相談投稿→医師名乗り→回答→治療法選択 地理的・時間的制約なく

ファインドミーのリポートのイメージ

 がん治療に際し、主治医でない別の医師に意見を求めるセカンドオピニオン。一般には患者と医師が直接対面して行うが、近年はインターネットを使ったものまで登場している。新しい仕組みと使用の際の注意点をまとめた。【高野聡、五味香織】

 セカンドオピニオンは、主治医から提供された書面や画像検査結果などを基に、別の医師から病気の症状や治療について見解を聞く行為だ。日本では、1990年代後半から知られるようになり、2006年にはセカンドオピニオンのため主治医が診療情報を提供すると診療報酬が付くようになった。このため専門外来を設ける病院が増えるなど、普及が進んだ。

 セカンドオピニオンには公的医療保険は使えず、費用は医療機関ごとに異なる。国立がん研究センター中央病…

この記事は有料記事です。

残り1415文字(全文1741文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS NGT48加藤美南、不適切な投稿を謝罪「しっかりと反省」 研究生に降格処分も発表
  2. TOKIO写真「SNSいいの?」 安倍首相が私的な会食アップ 賛否飛び交う  
  3. ことば 寝屋川中1男女殺害事件
  4. 吉川友梨さん行方不明から16年 母になった同級生の思い
  5. ニッポンへの発言 キーワード 山口真帆さんへ=中森明夫

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです